千葉県市原市の内科 医療法人社団 和能会 横山医院【内科・呼吸器内科・アレルギー科・予防医学他】

呼吸器・アレルギー・予防医学の横山医院へようこそ


当医院は呼吸器・アレルギー疾患のほか、予防医学に力を入れた地域密着型のクリニックです。患者さんに寄り添った治療を提供し、通院していてよかったと満足していただけるように心がけております。健康に不安な方、なかなか症状が改善しないでお困りの方は気軽にご相談下さい。
『当院で診療している主な疾患』
・花粉症 ・気管支喘息 ・咳喘息 ・肺気腫 ・間質性肺炎 ・高血圧症 ・糖尿病 ・高脂血症 ・高尿酸血症 ・蕁麻疹 ・その他 一般的な内科疾患など

お知らせ

■熱中症に注意!!NEW!



■熱中症の症状
・ めまい、立ちくらみ
・ 倦怠感や吐き気、頭が重い
・ 顔のほてり、高い体温
・ 筋肉痛やけいれん、足がつる
・ 汗が多い、もしくは汗が出ない
・ 意識障害、歩行障害
上記症状で熱中症が疑われる場合は点滴致しますので、速やかに受診して下さい。



■ニンニク注射(ビタミン注射)



風邪をひいた後や夏ばてなどで疲れがなかなかとれない方にはニンニク注射(ビタミン注射)がお薦めです。新型コロナウィルスによる不安からくる疲労や運動不足による倦怠感にもお薦めです。



■肺がん・結核検診は呼吸器専門医の当院がおすすめです。NEW!



・6月1日より肺がん・結核検診が始まりました。
・肺がんは症状が出てからでは60%以上で進行がんになっています。従って、無症状の段階から検査してくことが大切です。



■市原市特定健診、後期高齢者健診始まりました。NEW!



・6月1日より特定健診、後期高齢者健診が始まりました。
・予約せずに受けられます。
・食事せずに来院して下さい。



■新型コロナ感染症に対する対策NEW!



当院では以下のような対策で感染予防に努めています。
@ヒト→ヒト感染のリスク軽減
発熱、かぜ症状、味覚異常などの新型コロナ感染症と関連のある症状の方は院外に設置した発熱外来ブースで診療し、処方は薬局より直接手渡ししています。そのため、定期受診の方はかぜ症状の方と接触することがありません。
A空気感染予防
1時間に数回の換気を行っています。また、全ての方にマスク着用をお願いしております。
B接触感染予防
来院時、診察後にアルコールによる手指消毒を推奨しています。また、適宜、スリッパやドアノブ、椅子など触れる場所には次亜塩素酸による消毒を行っています。
Cスタッフの清潔保持
エプロン、制服は毎日洗浄し、除菌とUVによる滅菌処置を行っています。
D院内マニュアルを作成し、スタッフの意識を保つように努めています。



■駐車場のお知らせNEW!



来院の際に駐車できずご迷惑をおかけしたことが多々ございました。この度、当院の並びに新しい駐車スペースをご用意致しました(砂利の駐車場)。ご不明な点は受付にご連絡下さい。



■受診時のお願いNEW!



新型コロナ感染対策のため、症状のない方もマスク着用にて受診をお願い致します。マスクのない方は受付にお伝えください。ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。



■新型コロナ感染症対策における受診のお願いNEW!



以下の項目にあてはる方は当院へ電話をし、指示に従っていただくようにお願い致します。
電話:0436-41-6123
@新型コロナ感染者との濃厚接触または疑いのある方
A2週間以内の海外渡航歴のある方
B発熱:平熱より高いもしくは37度以上の方
C咳嗽、息苦しさのある方
D味覚異常のある方
E感冒様症状のある方

※当院では新型コロナ感染のPCR検査は承っておりません。
※マスクなど咳エチケットをお願い致します。
※ガレージ内に設けた発熱外来ブースでの診療になる可能性がありますので、寒くないようにしてお越し下さい。
※診療までにお時間をいただく場合があります。

ご迷惑をおかけ致しますが、感染拡大予防のためご協力お願い致します。



■花粉症



・今シーズンは例年に比べて花粉飛沫量が少ない傾向にあるとの情報でしたが、やはり重度の症状を訴える方が多く来院されています。
・症状が重くならないうちに早目に治療開始することが大切です。



■繰り返すかぜ症状は花粉症の可能性があります!!



・繰り返すかぜ症状や長引く鼻水、せきなどは花粉症が原因の時があります。
・花粉症は症状が悪化する前に治療・予防することが大切です。
・採血で自分の花粉症の時期を確認できます。
・花粉症の方はそろそろスギ花粉が飛散しますので、治療を検討して下さい!!



■帯状疱疹ワクチン始めました。
・50歳以上の方が対象です。



・水ぼうそうにかかったことがある人は、すでに水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫を獲得しています。しかし、年齢とともに弱まってしまうため、改めてワクチン接種を行い、免疫を強化することで帯状疱疹を予防します。
・予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありませんが、たとえ発症しても症状が軽くすむという報告があります。

・帯状疱疹の発症率は50歳以上で増加し、60代、70代と加齢に伴ってさらに増加します。
・激しい痛みを伴う帯状疱疹後神経痛のリスクも加齢とともに高くなるといわれています。ワクチン接種により、帯状疱疹を発症したとしても軽い症状でおさまり、帯状疱疹後神経痛などの後遺症の予防にもつながるとのデータもあります。



■風しん第5期定期予防接種を行っております。




診療内容

一般内科 呼吸器内科 アレルギー科 予防医学
◆市原市糖尿病協力医療機関
◆健診/健診、予防接種(詳しくは診療のご案内をご覧下さい)
◆小児診療・軽症の皮膚疾患も対応致します。
◆ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。☎ 0436-41-6123

診療時間

09:00-12:00






×
×
14:00-18:30


×


×
×
×
◆休診日:日曜・祝日
◆水曜・土曜の午後は休診です。
※検診・健診は診療終了時間の30分前に受付をお願いします。


医療法人社団 和能会 横山医院
〒290-0021 千葉県市原市山田橋1-1-1
0436-41-6123

Copyright (c) YOKOYAMA CLINIC All Rights Reserved.